【スポーツクライミング】スピードとは?その高さと傾斜で!?世界記録と日本記録!

スピードとは、15mの壁で速さを競う種目です。

こちらの写真は昭島にあるモリパークスピードウォールになります。

 

陸上だと100m走とかいいますが、クライミングだと15m登といったところでしょうか。

 

ここでは、スピードについてのルールや記録についてご紹介します。

 

スピードとは?

2人の選手が同じ条件の壁を同時に登りタイムを競います。

 

高さ15mもあるので、安全確保のためにロープが用意されています。

 

コースは世界共通で、傾斜は95度。微妙に前傾していますね。

 

ルールは?

世界選手権では、予選は2回トライして速い方のタイムを採用します。

 

上位16名が決勝に進むタイムレース方式で行われ、決勝では1回しかトライできず、トーナメント方式で勝敗を決める感じになっています。

 

世界記録

男子の世界記録は5秒48。

 

女子の世界記録は6秒99。

 

世界記録は男子ではレザー・アリプアシェナ(イラン)の5.48秒、女子ではエリーズ・スーザンティ・ラハユ(インドネシア)の6.99秒。

出典元:IFSC公式ホームページ

 

日本記録

日本においては、楢崎智亜が6.159秒、野中生萌が8.404秒で現在、記録保持者となっています。

出典元:JMSCA公式ホームページ

 

日本記録を持っている楢崎選手は、現在、智亜スキップとマルチンスキップを練習しており、世界記録を狙っています。

 

スキップ技

智亜スキップ

楢崎智亜選手が開発した新技。

赤枠のホールドをスキップします。小さなホールドは踏まず、更に次のホールドも掴まずスキップします。

そうすることで体の重心が左に行かず、上に進めるようになります。

 

マルチンスキップ

元スピード世界ランク1位のマルチン・ジェンスキー(ポーランド)が開発した技。

中盤のホールドを使わずスキップします。これもスキップすることで、一瞬、体が左に行くのを防ぎます。

 

まとめ

世界選手権とか見ていると、決勝では1トライしかできないので、成功率が高くないとそもそも試せないですよね。。

この二つのスキップをマスターして、楢崎選手に世界記録を塗り替えほしいですね♪

 

スピードはまだ自分もやったことがないので、近いうち挑戦したいと思います!

体験したらまたアップしますね。ただ今はどこも休業ですので、温めておきます。。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA