【スポーツクライミング】オリンピック代表選手の五輪延期による影響は!?

東京五輪・パラリンピックが1年程度延期することが決まりましたね。ひとまず中止ではなくて本当によかった。

 

遅くとも2021年の夏までにとあるので、もしかしたら夏じゃない可能性もありそうですね。大会の名称は「東京2020」のまま。

 

今のところ7月で最終調整しているみたいですね。

 

まもなくして、日本オリンピック委員会(JOC)から新開催日程の発表がありましたね。

 

東京2020オリンピックは2021年7月23日~8月8日、東京2020パラリンピックは2021年8月24日~9月5日となりました!

 

早く新型コロナウィルスの感染が世界で収束してほしいところです。

 

延期による影響

内定していた選手はどうなる?

既に男子は楢崎智亜選手、女子は野口啓代選手が内定していました。

 

オリンピック延期の報道を受け、選手の気持ちがSNSにアップされています。

楢崎智亜選手

 

この投稿をInstagramで見る

 

I’m literally shocked by the new of Tokyo2020 postponement. Nevertheless, I’m keep aiming for the same goal. No matter when the game will begin. For us, the Olympic Games is always the huge target and dream. I wish the situation would be resolved for all people, athletes, so we can enjoy fair play in the best game in Tokyo. From now on, I do what I can climb to prepare for the great future. ————————————— オリンピックが延期されることを知り、正直驚きました。 しかし、オリンピックの開催がいつになったとしても、自分の目指すものは変わりません。 僕たちアスリートにとってオリンピックは大きな目標であり、夢です。 1日も早くこの状況が終息する事を願っています。そして世界中のアスリートがフェアな状態で最高の東京オリンピックが開催されることを祈って、今の自分に出来ることを積み重ねていきたいと思います。 ——————————————— photo by 小海途 良幹 @tokyo2020 #東京オリンピック @au_official #セブンイレブン @thenorthfacejp #アイディホーム @air_sleeptechnology @unparallelup @frictionlabs

Tomoa Narasaki/楢崎智亜(@tomoa_narasaki)がシェアした投稿 –

 

野口啓代選手

 

この投稿をInstagramで見る

 

The historical breaking news of the postponement of the Tokyo Olympics 2020 came into me. I really can’t find the right way to control my mind. During this hard time, I can rather stay positive because I can climb longer until the last game starts. Tokyo2020 is truly my finals. Now we must fight against the disaster that the world is facing. I wish all the best for the future Tokyo2020. I will spend the time I have given to be stronger in both physically and mentally way because I want to be one of the most excited people who wish the game to be the most successful ever. —————————————— オリンピックの延期という史上初の報道を受け、まだ整理がつかないというのが正直なところです。 しかし、8月の東京五輪を集大成に位置付けていた私にとって、大好きな競技生活が1日でも長く過ごせる事をポジティブに捉えています。 今は、世界中が直面しているこの状況を1日でも早く乗り越え、楽しみにしているオリンピックが東京で開催されることを願うと共に、その大会を盛り上げる1人になれるよう、心身共に成長する時間にしていきます。 クライミングを通じて少しでもみなさんに元気をお届けできますように! ——————————————— #tokyo2020 #tokyo2021 @tokyo2020 @team_nippon @au_official #大和証券 #セブンイレブン @thenorthfacejp @raffinee_orientalbio #三井不動産 @cowsoapcp #zeta @c3fit @lasportivajp @petzl_official @newhale_japan

NoguchiAkiyo / 野口啓代 / のぐちあきよ(@noguchi_akiyo)がシェアした投稿 –

野口啓代選手についてはこちら↓

野口啓代の筋肉や握力がすごい!かわいいインスタ画像も集めてみた!

1年以内の延期なので内定はそのままか、もしくは再選考するのか。。

 

内定していた選手の五輪出場権は、維持の方針みたいですね。


 

販売した観戦チケットについて

大会組織委員会は、延期後の大会でも権利を維持し観戦できるようにする方針みたいです。また、希望する人には払い戻しも行うそう。

そもそもスポーツクライミングとは?

スポーツクライミングでは、「スピード」「ボルダリング」「リード」の3種目があります。

3種目の順位の掛け算で順位が決まります。

 

例)スピード:1位、ボルダリング:5位、リード:2位

上記の順位ですと、1×5×2=10となります。

 

種目

スピード

2人の選手が同じ条件の壁を同時に登りタイムを競います。

高さは15メートルで95度に前傾している。

ルートは世界共通。

安全確保のためにロープが用意されている。

ボルダリング

難易度の高い壁を4分の制限時間内にいくつ登れるかを競う。

高さは4メートル。

リード

6分の制限時間内にどれだけ高い地点まで登れるかを競う。

高さは15メートル以上。

安全確保のためにロープが用意されている。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA