【ボルダリング】ランジが苦手な人へ!動画と写真でコツと練習方法を紹介!

ボルダリングのムーブの中でも格好良く見えるムーブがランジですね。

ランジが苦手な人でも練習すればできるよう、実体験をもとに動画と写真でご紹介していきたいと思います。

 

ランジとは?

ランジとは、次のホールドに飛びつくムーブのことをいいます。

この動画は、B-PUMP荻窪店の4級課題で登場してきたランジです。

 

左手で取りにいく際、右手は残って、両足がブラブラの状態になります。ちなみに左足がホールドに残っているとデッドポイントというムーブになります。なのでこの場合、リーチのある人は足が残るとデッドポイントになります。

 

それでは、ランジのコツをご紹介したいと思います。

 

ランジのコツ!

ランジのコツを写真を使ってご紹介します。重要なポイントを5つに絞ってみました。

・しっかりタメを作る!

・壁に沿って飛ぶ!

・残っている手を使う!

・飛びすぎない!

・肘を曲げる!

 

それでは詳しくみていきたいと思います。

 

・しっかりタメを作る!

膝を曲げて腰を落として、しっかりとタメを作ります。タメを作った分だけ、飛ぶときのエネルギーに変わります。物理的にいうと、位置エネルギーが運動エネルギーに変わるといったところでしょうか。この時に、視線は取りにいくホールドに狙いを定めるといいです。

 

・壁に沿って飛ぶ!

壁に沿って飛びましょう!言葉では簡単に言えますが、これが非常に難しい!そして非常に大事になってきます!地道な練習が必要なので、ここではポイントだけ抑えてください。

 

ランジは掴みにいく手に意識がいきがちだけど、実は踏み切る足が大事!飛ぶときに結局どの方向に対して蹴っているかが鍵になります。壁から遠ざかるように蹴っていれば壁から離れてしまうし、壁になるべく剥がされないように蹴っていれば壁から離れません。もちろん足だけでは壁から剥がされてしまうので、手をつかって壁から剥がされないように引きつけます。

 

この写真だと、ギリギリまで上に立つような感覚で左足に乗っています。極端にいったら足を残すくらいの気持ちで蹴るイメージです。左手さえ取れてしまえば、左足が切れても問題ありません。

 

・残っている手も使う!

残っている手も使いましょう!この写真だと見えてなくてわかりにくいかもしれませんが、体が振られないように右手はしっかりホールドを掴んでいます。

 

残っている手は、主に振られるのを抑制する効果ですね。この手が残るのと残らないとじゃ全然違います。もし残っている手も離れてしまうような場合は、壁に手を添えれるか検討してみましょう!

 

・飛びすぎない!

これはあまり気にしなくてもいいかもしれませんが、飛べるようになってくると飛びすぎてしまうことがあります。飛びすぎた分、体が振られて制御するのに体力を使いますので気をつけましょう!

 

・肘を曲げる!

ただしホールドを取りにいった際に、肘が曲がるくらいの余裕はあった方が良いです!肘が伸びている状態だと、勢いが強すぎてクッションになりません。肘が曲がっていれば伸縮することによって、勢いを調整することができます。

 

サンプル動画だと肘が伸びきっていますが、これはよくない例です。この時はパツンパツンで耐えるのがギリギリでした。

 

ランジができる人!

そもそもランジができる人は、これらのコツを無意識にやっています。

 

できない人は意識して、何回もチャレンジする必要があります。苦手なものから遠ざからず、繰り返し練習していれば必ずできるようになります!少しずつ壁との溝を埋めていってください^^

 

それでは、ランジの練習方法についてご紹介したいと思います。

 

ランジ上達のための練習方法!

ランジの練習方法についてご紹介したいと思います。

 

①地ジャンで練習!

地ジャンとは、地上からのジャンプのことです。マットの上からホールドに飛びついてぶら下がる練習ですね。持ちやすいホールドで試してみましょう。飛びつく方の手だけでなく、残す方の手も意識してみてください。

 

②まずは近いホールドで!

ホールドに足を乗せて、近くのホールドに飛びついてみましょう。あくまで練習として、自分だったら届きそうなくらいのホールドを見つけて創作してみてください。それができたら少しずつホールドを遠ざけていきます。この時に壁から剥がされないような感覚を掴んでください。足が切れるくらいのところまできたら、それはもはや立派なランジになります。

 

関連動画

まとめ

ランジができるとカッコいい反面、怪我にも繋がるのでトレードオフですが、怪我のないようにしてください。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA