【ボルダリング】「手に足(テニアシ)」とは?基本動作とコツ♪

「手に足(テニアシ)」とは言葉の通りで、手で持っているホールドに足を乗せるムーブのことです。

 

 

子供や女性は体が柔らかいので困った人は少ないかもしれませんが級が上がっていくと必然的に手に足が必要になってくることがあります。

 

自分は足が上がらなくてめちゃめちゃ困りました。

 

柔らかいにこしたことはありませんが、「手に足」のコツもあるのでここで紹介したいと思います。

 

 



「手に足」動画①

では実際の動画を例に、手に足(テニアシ)をみていきましょう。

「手に足」のポイント①


足を上げる前に、手の位置を調整します。

 

事前に足を乗せるスペースを確保(お膳立て)が必要になります。

 

状態を上げてしまってからでは手に体重が乗っていて、なかなか位置を変えることが難しくなってきます。

 

「手に足」のポイント②


膝を内側に入れておきます。

 

ガニ股だとやはり足を上げるのに限界があります。

 

「手に足」のポイント③


ちょっとでも足が乗ったら、焦らず少しずつ体重を乗せていきます。

 

感覚的に全然足に乗っていなくても、少しでも足がかかれば話は変わってきます。

 

少しでも足がかかれば、手が楽になっていきます!

 

少し手が楽になれば再調整して、また足を調整して、これを繰り返して、良い位置に持ってくればいいのです。

 

スポンサードリンク



「手に足」動画②

「手に足」のポイント

先ほどの例と反対になりますが、要領は一緒ですね。

「手に足」するホールドが大きかったのでそこまでシビアにお膳立てしていませんが、膝はちゃんと入れて足を上げています。

 



「手に足」のまとめ

ちょいちょい「手に足」する機会はあると思うので、上記のポイントを思い出して実践してみてください。

 

手に足をする際は、足を上げない方の足をチェックしてみてください。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA