都内の子供用ボルダリングジム「ペキッズ渋谷」狭いけど子供満足度は十分!

先週末、はじめて親子でボルダリングに行ってきました♪

行ったのは渋谷にあるPEKIDS(ペキッズ) というジム。

都内の子供向けボルダリングジムとしてはかなり有名なお店です。

 

PEKIPEKI(ペキペキ)の系列店で、子供専用のボルダリングジムというかなり珍しいジムなんです。

 

ホールドの大きさやリーチが子供仕様になっているとのことで、一度子供を連れて行きたかったんですよね。

 

大人の僕としてはそこまで期待してなかったんですけど、予想以上に満足度が高かったです。

 

というのも、

 

子供がすごく満足している様子だったから。

 

やっぱり子供には子供に適したジムがあるってことですね。

 

子供とボルダリングに行きたいけど、大人と一緒のジムで大丈夫かなぁ・・・と心配されている方にはおすすめのジムですよ♪

 



ペキッズ渋谷の基本情報

まずはじめに、ペキッズ渋谷店の基本情報を紹介しておきます。

基本情報

名前 PEKID’S渋谷
オープン 2014年8月
料金 初回登録料:
 500円
施設利用料:
 1500円
営業時間 10:00〜19:00
アクセス 渋谷駅13番出口より 徒歩2分
渋谷駅 宮益坂より 徒歩6分
JR原宿駅より 徒歩10分
Tel 03-5778-9470
住所 〒151-0001 東京都渋谷区神宮前6-19-14
神宮前ハッピービル
公式サイト 公式ホームページ

 

料金

施設利用料については平日・休日にかかわらず一律1500円。

(初回のみ登録料がかかります)

公式サイトには明記がありませんが、1500円で終日楽しむことができます。

 

対象年齢は3歳~小学生まで。

大人は登れないのでご注意ください。

 

地図

 

一番近いのは東京メトロ渋谷駅の13番出口。出口を出た方向に1,2分歩くとすぐにお店が見えてきます。

 

ガラス張りになっていて中の様子が見れるので、行けばすぐに分かると思いますよ。

 

僕は今回JR渋谷駅から行きましたが、明治通り沿いを歩いて大体10分くらいですね。

天気の悪い日は、子供連れだとちょっと遠く感じるかもしれないので、地下を通って行くといいかもしれません。

 

ちなみに、原宿駅からも同じくらいかかると思いますので、利用しやすい駅からでいいと思います。

 

ジムの周辺情報

ジムの周辺にはオシャレな雑貨屋さんや、バーなどがあります。

お父さんが子供を見ていてお母さんはママ友とショッピング、みたいな家庭も結構いましたね。

 

ペキッズを出て、通りを挟んだすぐ向かいにファミマがあるので、軽食やドリンクが買えます。

店内にも自販機がありましたが、スポーツドリンクがなかったので、行く前に買っておいた方がいいかも。

 

ちなみにペキッズ店内は飲食自由なので、僕らは受付け隣にあるベンチでおにぎりを食べました♪

 

フレンドリーな店員さんと雑談しながら楽しく食事ができました。

 

壁には来店した子供の書いた絵がびっしりと貼ってあって、子供のジムって感じがしますね。

 

でも、ここ以外だと食事できるスペースは狭い幼児スペースくらい。

 

広い場所でゆっくりというわけにはいきませんね。

 

また、外出時間が30分以内という制約があります。

 

オシャレなお店でゆっくり食事、というのはちょっと時間的に厳しいかも。

 

スポンサードリンク



ペキッズ渋谷の感想

ペキッズ渋谷に行った理由

今回、真ん中の子供が小学生に上がったので、一番上とセットで初ボルダリングにつれていくことにしました。

 

そこで検討したのが、どこのボルダリングジムに連れて行くか。

 

いつも行っている秋パンや宿ロキとかでもよかったんですが、こんな不安がありました。

 

大人用で高さもあるからちょっと危険かも・・・。

 

うちの子たち、運動は鈍いところがあるからなぁ。。

 

このファーストコンタクトで子供がボルダリング嫌いになってしまうと、非常にまずい事態になるんですよね。

 

それは、

今後、家庭内でボルダリングが非推奨になりかねない

ということ(笑)

 

完全に個人的な都合です。

 

ということで、子供用のジムがないかと探していて見つけたのがペキッズ渋谷店だったというわけです。

 

お店の広さや内装について

お店に着いて、まず思ったのが、

 

せまっっっ!!こんだけ!?

 

ということ。

 

(直近で僕が行ったのが荻パンというのも影響していたのかもしれません・・・)

 

長さ15、6mくらいの小さな壁が2面あるだけで、思っていたよりもずっと小さいジムでした。

 

まぁ、大人のジムと比べちゃいけませんが、それにしても狭いなぁと。

 

保育園の一室にボルダリングの壁を作った、という感じですかね。

 

でも、ホールド自体はちゃんとしたもので、課題ごとに難易度も分かれているし、それなりに面白そうな感じはしました。

 

ということで、いざ入店。

 

 

2014年オープンということもあり、まだまだ新しくて清潔感もあります。

 

また、ホールドもゴチャついておらず、わかりやすく番号が振られていました。

 

ペキッズは大人のジムと違ってチョーク使用は禁止です。

 

なので、ホールドは綺麗ですし、店内に粉塵がまうこともありません。

 

ジムの空気が気になる、という方も安心ですね。

 

それから、わずかですが小さな子供を遊ばせておける遊戯スペースも確保されています↑

 

赤ちゃん連れの方はここで遊ばせておくこともできますよ。

 

でも、意外にここを利用しているのは、

先に疲れてしまったパパとママ。

 

午後になってくると、親のたまり場になってきます(笑)

 

子供たちの遊びたいエネルギーにはついていけなかったようですね。

 

あと、トレイも綺麗でしたよ。

 

子供用のトイレと大人用トイレが並んでいるので、小さな子どもと一緒に利用できます。

 

手洗い場も子供仕様の高さになっていて使いやすかったです。

 

ペキッズ渋谷のルール

ではここからはボルダリングジムとしての内容を紹介していきますね。

 

お子様向けといえど、そこはボルダリングジム。ちゃんとグレード表がありました。

 

グレードは8級から1級まで。大人が行くジムとほぼ同じ規格ですね。

 

お店の入り口に置いてあるチェックシートを使って課題をクリアしていきます。

 

こういうのって、ゲーム感覚でボルダリングを楽しめるのですごく楽しいですよね。

 

僕もつい最近、ロッキーの集大成でチェックシートの楽しさを実感したばかりなので、この感覚はよくわかりました(^^)

ロッキーの集大成がお得過ぎだった!?やり方をわかりやすく紹介します

 

あと、関心したのが課題の難易度設定。

 

ちゃんと子供のリーチを考慮しつつ、難易度が設定されていました。

 

届くか届かないかの微妙~なところにホールドが組まれていて、ちゃんとしたルートを通らないとクリアできないようになっているんです。

 

大人用のジムだと、そもそもリーチ的にクリアが難しい課題ばかりだったりするので、そこは子供専用のいいところですよね。

 

しかも、ホールドの種類もガバだけではなく、カチやピンチ、スローパーにポケットなんかもあるんですよ。

 

これには子供たちも悪戦苦闘。

 

何とか攻略しようと、みんな頑張っていました♪

 

ぶっちゃけ、自分が子供の身長になったとしても、それなりに手こずる課題もあったと思います(^_^;)

 

ボルダリングをやっている親にとっては応援のしがいがあると思いますよ。

 

「左足、右手を下から掴んで、次は左手!!そこはガンバだ!」

 

ついつい熱く支持を出してしまいました。。

 

課題の安全性について

壁はスラブ、フェイス、ゆるい傾斜の3種類があって、スラブの課題の中にはゴールが3mほどの位置にあるものもありました。

 

この高さだと子供たちにとっては恐怖ですよね。

 

うちの子たちもこういった課題は苦手みたいで断念しました・・・。

 

ただ、下はしっかりとウレタンマットになっているので、仮に落ちたとしても、まずケガはしないと思います。

 

あ、でも子供たちが絶えずあちこち走り回っているので、突然落ちると接触の危険性があるのは注意ですね。

 

混雑する時間帯は?

僕たちが行ったのは日曜日。しかもその日は晴天ということで、混雑が予想されました。

 

結果は予想したとおりで、午後はがっつりと混雑しましたね。

 

でも、すべての時間帯で混雑しっぱなしというわけでもなく、時間帯によっては空いているときもありましたよ。

 

体感的にはこんな感じでしょうか。

 

【時間帯別の混雑具合】

10:00~11:00 ★★

11:00~12:00 ★★★

12:00~13:00 ★★★★

13:00~14:00 ★★★★★

14:00~15:00 ★★★

15:00~16:00 ★★

(★が多いほど混雑しています)

 

朝一から早くも4組の家族が受付をしていて、混んできそうな雰囲気がありました。

 

その後、11時を過ぎると徐々に人数は増えていきましたが、隣のPEKIPEKIでの親子クライミングの時間が11:00~13:00ということで、一時的にPEKIPEKIに移る親子もいました。

 

一番混雑したのが13:00~14:00ですね。

 

このときには通路は満ぱんで、子供たちもあちこちで課題を登るので、コースがかぶりまくり・・・。

 

順番を待っていられない子供達を叱る、パパとママの声が響いていました(^_^;)

 

その後、急激にお客さんがひいてきたのが15時過ぎ。

 

お母さんの夕飯の支度や、月曜日からの子供の体調を考えると、このくらいの時間が引き時ということでしょうか。

 

ということで、空いている時間を狙うなら、

 

午前中または15時以降

 

がいいと思います。

 

その場合、宿題と明日の学校の準備は済ませ、夕食は外で食べて帰ることになりそうですが。

 

子供たちの様子について

ジム内での子供たちの様子ですが、来ている子供のほぼ全員がとても楽しそうに登っていました。

 

大人もハマる「ボルダリングの楽しさ」って、やっぱり遊び的な要素からくるんだなぁ、とあらためて思いましたね。

 

課題をクリアしたときの得意げな様子や、クリアできない課題に歯を食いしばって何度も挑戦する様子。

 

これって、大人のジムでもあんまり変わらないんですよね。

 

元気がよすぎて、順番が待てずに怒られている子供もいましたけど、そのくらい楽しかったということですからね。

 

それから驚いたのは子供たちの適応能力の早さ

 

何度か失敗しているうちに、ちゃんと自分で頭を使い、工夫して課題をクリアしていくんです。

 

天然のオブザベを目撃することができました(^^)

 

うちの子供たちも、案外いい登り方をしていて、自分でいろいろと工夫してクリアしていくんですよ。

 

教えてもいないのに、持ち方を変えてみたり、体重のかけ方を変えてみたり。

 

もっとトロ臭いかなぁ、、、と思っていたけど、ちょっと意外でしたね。

 

というわけで、もともとは14時くらいには帰る予定でしたが、

 

子供たちが

 

まだまだやり足りない!帰りたくない!

 

とダダをこねるので、結局15:30くらいまでお店にいました(笑)

これだけ楽しんでくれれば、親としても連れて行ったかいがあります。

 

店員さんについて

ペキッズの店員さんはみんな親切でやさしい方たちでした。

 

年齢は皆若くて大体20代~30代前半くらいでしょうか。

 

子供たちが登れずにいると、やさしく声をかけてくれます。

 

その足を隣にもってってごらん。それで手をこっちに。

そうそう!やったー、できたね!

 

こんな風にサポートしてくれるので、子供たちも楽しむことが出来ます。

 

子供とも接しなれているので、見ていて安心でしたね。

 



ペキッズ渋谷のいいところ

ではここでペキッズのいいところ悪いところまとめておきます。

 

・施設が綺麗で新しい

・課題が子供仕様に設定されている

・課題の種類が豊富(子供目線で)

・危険な課題がない

・店員さんがフレンドリーが教えてくれる

 



ペキッズ渋谷の悪いところ

・スペース的にはかなり狭い

・昼過ぎの混雑具合がヤバイ

・混雑時はコースがかぶりやすい

・割り込みが入りやすい(子供なので)

 

ペキッズ渋谷はこんな方におすすめ

ペキッズはこんな方にオススメです。

 

・初めて子供をボルダリングに連れて行く方

・自分の子供の運動能力が若干不安・・・という方

・ゆっくりとボルダリングを教えていきたい方

 

まとめ

今回はペキッズ渋谷について紹介しました。

 

はじめてボルダリングを体験させるにはすごくいいジムだと思います。

 

安全性も高いですし、それでいて課題は程よく子供が楽しめるように作られていますので。

 

特に子供の習い事はファーストコンタクトが大事。

 

最初に「つまらない」とか「怖い」、「しんどい・・・」と思わせたら次はありません。

 

「ボルダリングって楽しい!」って思わせるならここは間違いないと思います。

 

あ、大人が楽しいかどうかは、その人がボルダリングをやっているかどうかによるかなぁ・・・。

 

僕個人としては十分に楽しめましたけどね。

 

ということで、今回はこのへんで失礼します。

 

最後まで読んでいただきありがとうございますm(_ _)m

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA