【ボルダリング】IFSCワールドカップ2018の第2戦はロシアのモスクワ!日程と結果

今週末はロシアのモスクワでワールドカップ第二戦が始まります。

 

初戦のマイリンゲン大会で予選落ちしてしまった伊藤選手には頑張って欲しいですね。あと準決勝で悔しい思いをした藤井選手にも。

 

今回も予選は放送されませんが、準決勝と決勝はyoutubeで観れます!結果もわかり次第追記していきますので、良かったら覗いてみていってください。

 



IFSCクライミング・ワールドカップ2018年のカレンダー(ボルダリング)

  大会名 開催地 日程
1 マイリンゲン スイス 2018/04/13 〜 14
2 モスクワ ロシア 2018/04/21 〜 22
3 重慶 中国 2018/05/05 〜 06
4 泰安 中国 2018/05/12 〜 13
5 八王子 日本 2018/06/02 〜 03
6 ベイル アメリカ 2018/06/08 〜 09
7 ミュンヘン ドイツ 2018/08/17 〜 18

 

出場選手

出場選手は初戦のマイリンゲン大会と同じですね。第三戦は異なってくると思います。

男子

選手名 選手名(かな)
楢﨑 智亜 ならさき ともあ
藤井 快 ふじい こころ
原田 海 はらだ かい
緒方 良行 おがた よしゆき
土肥 圭太 どひ けいた
渡部 桂太 わたべ けいた
杉本 怜 すぎもと れい
石松 大晟 いしまつ たいせい
村井 隆一 むらい りゅういち
藤脇 祐二 ふじわき ゆうじ
高田 知尭 たかた ともあき
渡邉 海人 わたなべ かいと

 

女子

選手名 選手名(かな)
野口 啓代 のぐち あきよ
伊藤 ふたば いとう ふたば
野中 生萌 のなか みほう
小武 芽生 こたけ めい
尾上 彩 おのえ あや
中村 真緒 なかむら まお
倉 菜々子 くら ななこ
菊地 咲希 きくち さき
金子 桃華 かねこ ももか

 

スポンサードリンク



モスクワ大会

第二戦はロシアにあるモスクワ!めっちゃ寒そうですけど、今の時期はどうなんでしょう。

予選と、準決勝、決勝の予定は以下です。

<現地時間>
Saturday 21st April
09:30-13:30 Men Bouldering Qualification
15:00-18:00 Women Bouldering Qualification

Sunday 22nd April
09:30-11:40 Bouldering Semi-Finals (LIVE)
17:45-21:00 Bouldering Finals (LIVE)
after Awarding Ceremony

 

日本とロシア(モスクワ)はおよそ6時間差なので、日本時間だと以下になります。スイスからだと1時間しか時差はありませんね。

 

LIVEはyoutubeでリアルタイムで観れるので、お時間ある方は是非!リンク貼っておきますのでこちらから。

 

<日本時間>
2018/4/22(日)
15:30-17:40 準決勝 (LIVE)

2018/4/22(日)-
23:45-03:00 決勝 (LIVE)

 

IFSCの公式ホームページはこちらから。
ワールドカップ2018モスクワ大会

 



予選結果

ここからは予選の結果です。各グループ10位以内が準決勝進出です。

 

男子

順位 選手名
3 石松 大晟
3 杉本 怜
4 藤井 快
4 高田 知尭
5 渡部 桂太
6 楢﨑 智亜
 8 村井 隆一
 10 原田 海
渡邉 海人
緒方 良行
藤脇 祐二
土肥 圭太

男子は石松選手が大健闘。渡部選手、村井選手もおめでとうございます。

 

女子

順位 選手名
1 野口 啓代
2 野中 生萌
5 菊地 咲希
6 伊藤 ふたば
中村 真緒
小武 芽生
倉 菜々子
尾上 彩
金子 桃華

女子は菊地選手、伊藤選手、予選クリアおめでとうございます。

 



準決勝結果

ここからは準決勝の結果です。制限時間はオブザベ含めてゴールまでで5分間です。

オブザベの力も重要ですし、本当にシビアな戦いですよね。上位6位までが決勝進出です。

 

男子

原田選手

M4で完登できていればもしかしたら決勝行けたかもしれませんでしたね。本当に惜しかった。

楢崎選手

さすがです!M1は登れなかったけどその後の切り替えが早い。

 

女子

伊藤選手

W1登った時はいけるかも!と思いましたが、惜しかったですねー。タオルを下に引いて足を拭くのが印象的でした。

野口選手

W3でカンテを当たり前のように使ってました。やはり経験値が高いと感じました。

野中選手

W4は惜しかったですねー。もう少し時間あればクリアしてましたね。それでも決勝進出なので流石です!

 

決勝結果

ここからは決勝の結果です。事前にオブザベする時間は少しありますが、登る時間は4分間です。

マイリンゲン大会とは逆でモスクワ大会は、男子、女子の順番でしたね。

 

男子

 

楢崎選手

Tomoa Narasakiさん(@tomoa_narasaki)がシェアした投稿

M1は6アテンプト。5トライ目の後、少し長めにレストしてるなぁと思っていたら、次で決めてきましたね。あれは5トライ目で次はいけると確信していたんでしょう。

M2はフラッシュ。

M3は3アテンプト。

M4は2アテンプト。手順間違えて、途中で修正してた。あまりにも自然にやっていたので、猿みたいだったwゴールも片手取りだし。解説の人が「so fast it’s crazy!!」と言っていたw

 

女子

 

野中選手

W1は3アテンプト。少し強引気味だったけど指力あるから…w

W2は2アテンプト。ランジは安心して見れた。取りに行くホールドの掴み方を知っていますね。これをフラッシュしていたら優勝でしたね。

W3はフラッシュ。ヒールの使い方が上手だった。

W4はフラッシュ。さすがの安定。右足出しか、左足出しか、迷える余裕があったように見えた。

 

野口選手

野口 啓代さん(@noguchi_akiyo)がシェアした投稿

W1はZONE。残念でした。。

W2は2アテンプト。ランジはナイスでした。昔はランジ系のイメージなかったけど今や何でもできますね。

W3はフラッシュ。ヒールの使い方が上手でした。

W4は4アテンプト。ランジは4回目にして修正してきましたね。ゴールも左手取りの判断はナイスでした。

 

楢崎選手、野口選手、野中選手は経験も豊富で、安定感が半端ないですね。

年間王者目指して頑張ってください!!

 

びっくりしたのが準決勝と決勝の間で、スピードの予選にも出場していたこと。。恐るべし。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA